大会に同伴

『「何をやっているのか」とあきれ顔』 なのはこちらのセリフです。
こんな炎天下に普通にしてられるほどのスーパーマンを作ってるのか?

チームドクターは無理でも救護の担当ぐらいは大会に同伴 待機してますよね。その担当も「これは危ない」と判断すべきですし、それを大会運営側がちゃんとやるべきです。
冒頭に書かれてるような不幸な事態が起こる前に、浮気調査 熊本今のうちに直ぐ手を打つべきです。今まで無事だったのが奇跡的な偶然です。「最近の子供は弱くなった」などと訳の分からない事を言い出す前に、何とかして欲しいもんです。「やっぱり、高校球児。死なないなんて凄いな。。
まてよ…ということは、県大会は、すぐに止めさせないといかんのではないか…」ということでした。ぼくも、体育会は嫌いです。このご時世。高度成長のころと違って、あの生き方は、完全に時代遅れです。
一言でいって、「努力と根性で、牛丼屋を開いて吉野屋に勝てるか?」ということです。男の子の育て方として、もう、歴史的なものでしょう。