位置付け

セキュリティ観点からすりゃ、一番信頼性が低いのが印鑑だろ。むしろ印鑑が可でいいのかって議論こそ必要だろう。
それは今の法律がおかしいからとしか私には思えません。

「印鑑」と「サイン」と「拇印」の法的位置付けを同じにした場合、もっとも偽造が容易=セキュリティリスクが髙いのが「印鑑」だと思います。
外 国文化が必ずしも良いとは思いませんが、闇金相談 広島印鑑文化の無い国で印鑑が無い事による問題なんて起きていないと思いますし、サイン文化の国の人達が、日本の印鑑 を見て「合理的なシステムだ」と思うとも思えません。
しかし逆に、印鑑文化の日本人の中の約半数は、サインが証明になる文化を「合理的なシステムだ」と 思っているわけです。
印鑑を使いたい人は使えばいいと思いますが、サインや拇印を望む人にその手段を提供する、という事は良い方向性だと思っています。
コスト的な懸念はあるとは思いますが、日本社会の中でも既に相当の場面で「印鑑またはサインまたは拇印どれでも可」が成立しています。