実に興味深い。

ようするにヘイトスピーチ規制論者は憲法を無視して基本的人権を侵害しようとする危険な右翼か、さもなくば改憲論者のはずだ。 …そのはずなのだが、どうも見ていると、

大体がサヨクと呼ばれるような人達が規制の必要性を主張しているというわけの分からない状況になっているのが実に興味深い。テレビ番組を「嫌なら見るな」と言ったのは、芸人のナインティナイン岡村隆史だっただろうか?
ニコニコ動画のようにインターネットのみで視聴できる番組なら、この理屈は正しい。
しかし、電波を利用するテレビ番組やラジオ番組を作っている人がこんなことを言うのは完全にお門違いの話だ。 電波は国民の共有財産である。
勝手に私物化はできない。 ゆえに電波を使用する以上、行政の管理下に置かれる。具体的には総務省であり、 バイク買取相場そして総務省を統括する総務大臣の指揮下にあるのだ。そしてその総務大臣は内閣総理大臣が任命し、その総理は国民の代表たる国会が指名するわけだ。 したがって、電波を使って番組を放送する以上、国民にはその内容に文句をつける権利がある。