機会が増える

通常、ガードの堅いとされる女なんてものは、口説かれたい男性とのチャンスがあっても決して仲間に入れず、せっかくの二人の数少ない巡り合いを邪魔して台無しにしてやろうとすることばかり。

顔を合わせる機会が増えると、女性は貴方を日増しに素敵だと感じるようになる。実は実証済みの基本的な心理学現象です。あいさつで、どんなことをしても1日1回は、顔をあわせて!
二人のキスの時間が短くなったなら、それは他に好きな人ができたことの証拠の可能性が高い。ウソでごまかそうとしても、ウソをつけないのが体。おかしいと感じたらさりげなく本当のことを確かめてみてはいかが?

二人で出かけたら、その日のおしまいは引っ張りたくてもぐずぐずせずに、気持ちの高まっている盛り上がったタイミングで押し切ってでも帰ることになれば、次のデートももう一回一緒に行きたいなという気持ちにさせるものである。
気持ちを伝えて成功させるテクニックとは女性をうっとりとさせることが最も大切です。例えば『やっとボーナス入ったから、俺におごらせてよ!』と余裕の表情で誘えば、男性に“ゆとりがある経済状態だ”と女性は判断するものである。

女性から尋ねられた内容と同じ聞き返してあげない男性は女性にモテはしない。女性は聞いた相手に聞いたことを聞いて貰いたくてそのように聞くのである。本人がする質問は同様に尋ねてほしいという分かりにくい生き物だ。
芸能人や有名人の結婚を見てもわかるように、普通の女性は外見だけではなく、内面を重視している女性が多いように見える。それには理由があって、女性にとっては外面よりも、感情的であったり精神的な安心感というものが欠かせないからです。

さらりと「そっと肩をたたくこと」又は「指先で肩にそっと触れる」は何気ない「ボディータッチ」だから、「密接した55センチ以内へのそっと侵入」と考えて「好感のもてる清潔感のある惹きつける匂いをうまくまとう」ことが大切です。